予防歯科・クリーニング

歯磨きだけではむし歯・歯周病は予防できません

歯ブラシ 歯磨きをしっかりしているからといって、むし歯や歯周病といった病気は無縁とは言えません。確かにむし歯菌や歯周病菌はブラッシングによってある程度取り除くことができますので、毎日のブラッシングの習慣はとても大切です。
 しかし、ブラッシングだけではむし歯や歯周病の完全な予防には、歯周病菌などの微生物やその代謝物の集合体であるバイオフィルムを除去しなければなりません。そして、ヌルヌルと頑固にこびりついたバイオフィルムを取り除くには、専門的な機械と技術による歯科医院でのクリーニングが必須となるからです。
 歯科医院などでの機械を用いた専門家による一連のクリーニングは、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれますが、このPMTCを定期的に受けていただくことをおすすめします。PMTCでは柔らかい特殊な器具を使うため痛みなどもなく、安心・安全に行えます。
 PMTCのメリットは、むし歯や歯周病の予防だけではありません。施術後はツルツルと歯がなめらかになって、お口の中がさっぱりとした爽快感を実感していただけるかと思います。加えて、なかなか落ちない歯の着色汚れも除去されていくので、自然な歯の白さが復活していきます。 そうしたこともあって、人気のある施術のひとつでもあります。未体験の方もぜひ一度お試しください

当院の予防歯科の特徴

当院の予防歯科の特徴 当院は3台の診療ユニットに対し、非常勤も含めて5名の歯科衛生士が所属している充実した体制をとっています。 優秀な歯科衛生士たちと医師が一丸となって、歯の汚れに応じて研磨剤を用いて汚れを取る歯面研磨や、歯垢(プラーク)が塊となった歯石を除去するスケーリングなど、一連のPMTCでブラッシングでも磨くことが困難な汚れを取り除く作業を、着実に実施していきながら歯周病とむし歯の完全な予防を行っていきます。
 さらに、日々の予防のために必要な患者様のセルフケアの部分についての指導でも、当院は力を入れ行なっています。患者様一人ひとりに十分な時間を確保することで、より効果的なブラッシングの方法やブラシ選びについてアドバイスを行い、お口の中に対する意識向上のため正しい情報をお伝えしていきます。

予防歯科メニュー

 程度の差はありますが、歯周病はほとんどの成人の方がかかっている病気です。治療の最初は患者様の歯周病がどの程度進行しているかチェックすることから始まります。歯周ポケットの深さを測るには「ポケット探針」という器具を使っていきます

スケーリング(歯石除去)

スケーラー 歯肉や歯周ポケットを殺菌効果の強い薬で消毒しながら、スケーラーという器具で歯垢(プラーク)や歯石などを除去していきます。スケーラーには手用スケーラーと超音波スケーラーの2種類があります。歯垢(プラーク)がカルシウムと結びつき石灰化してしまった歯石も、確実に除去していくことが可能です。

 

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC 医師や歯科衛生士が専用の器具で行う、一連のお口の中のクリーニングをPMTCと呼びます。
 様々な種類があり審美的な目的にも適う治療ですが、むし歯や歯周病の予防に繋げる上でも重要なものです。定期的にブラッシングなどではセルフケアでは除去できない歯の汚れを取ることで、お口がさっぱりして、口臭予防などの効果もあります。

 

ブラッシング指導・歯ブラシの選び方指導

ブラッシング指導・歯ブラシの選び方指導 歯ブラシの選び方から適切なブラッシング方法まで、しっかりとお伝えしていきます。ブラッシングは人によってそれぞれのクセがあるため、毎日しっかりと歯を磨けているつもりでも、歯周ポケットなどに歯垢(プラーク)を多く残してしまうケースは珍しくありません。
 効果的なブラッシングなどの指導を定期的に受けていただくことで、正しいセルフケアのノウハウを身につけて、高い意識を持ち続けていただければと思います。

 

 

定期健診の大切さ

治療例 歯周病やむし歯の原因となる菌を完全に取り除くには、セルフケアだけでは限界があります。
 正しいブラッシングを丁寧に行っても、残念ながら完全な予防とは言えません。そこで大切になるのが定期検診によるメンテナンスです。 耐えられないような痛みといったひどい症状が出たことで、ガマンできずに来院され、結果として抜歯せざるを得ない患者さんの中には「もう少し早く来ていただければ、歯を抜かずに済んだかもしれない」と、悔しく感じることも少なくありません。
 歯医者は痛い歯が治ったからもう行く必要はないというものではありません。むしろ、定期的なメンテナンスなどによる予防にも、力を入れていきたいものです。
 むし歯や歯周病が悪化してから治療を受けるよりも、患者様の費用や身体的な負担は軽くなります。もちろん歯を失ってからも入れ歯などにより、失った歯を補って行くことはできますが、自分の歯の時と同じような機能や快適さを求めることは、なかなか難しいのが現実です。定期的な検診で早期の発見と早めの治療を行い、少しでも長くご自分の歯を守りましょう。