むし歯治療

むし歯になったら悪化する前に治療を

一般歯科 歯医者に通うには少なからずお金も掛かりますし、時間も取られます。しかし、普段からむし歯を早い段階で発見して治療・予防していくことが、結果として時間やお金の浪費が少なくなるというケースは珍しくありません。何より、体への負担も少ない状態で完治させることが可能になります。
 当院は歯科保存学の観点から、「なるべく削らない」「なるべく抜かない」という治療をモットーにしていますが、それでも最悪の場合は歯の神経を除去したり、抜歯するといった処置が当然必要になってきてしまいます。むし歯や痛みがガマンできなくなるほど悪化する前に、しっかりとした治療をすることが何より大切なのです。
 もし、冷たいものや甘いものがしみたら、それはむし歯の可能性があります。当院では精密検査などによって、ごく初期のむし歯も発見していくことができます。

虫歯のメカニズム

むし歯は口内のミュータンス菌などのむし歯菌が原因となって引き起こされます。甘いものを食べるとむし歯になりやすいというのは、ある意味で正解ですが、糖分が直接的にむし歯を生み出しているわけではありません。より正確に言えば口内のミュータンス菌が糖分を吸収する際に発生させる酸によって、歯の表面が溶かされていってしまうことで、むし歯が生じるのです。
 細菌によって生じるむし歯は感染症ですが、風邪などのように自然に治癒していくといったことはありません。糖分を除去することで、ミュータンス菌の活動は停滞するので、毎日の効果的なブラッシングや歯科医院でのメンテナンスなどで口腔内のケアをしっかりと行なっていき、むし歯を予防していくことが重要になります。

当院のなるべく痛くない治療

 小さなお子様もそうですが、歯医者に苦手意識を持つ大人の方も多いのではないでしょうか。残念ながら従来の歯医者のイメージには「痛い」「怖い」といったイメージがつきものです。小さなお子さんや歯医者に苦手意識を持つ大人の方も安心して通っていただけるよう、当院では診療室や待合室の空間づくりから、最新の器具を導入した治療まで、様々な取り組みを行っております。
 なるべく「痛くない治療」「痛みを連想させない治療」という無痛治療を実践していくことで、患者様の苦手意識を払拭していけるような歯医者を目指しています。そうした苦手意識を取り除いていくことで、定期的な検査やメンテナンスにも来やすくなり、よりお口の中の健康を保つことに繋がりやすくなると考えているからです。ぜひお気軽にご来院ください。

無痛治療のためのポイント

 本当に患者様にやさしい歯科医院を目指している当院が、治療面などで行っている特徴的な取り組みには、具体的に以下のようなポイントがあります。

できるだけ細い麻酔針の使用

極細針 歯医者が苦手という方の中でも麻酔注射に苦手意識を持つ方は多いと思います。注射の際の痛みは、注射針が細ければ細いほど低減させることができます。極細の注射針は近年、多くの病院や歯科医院で導入されてきました。
 当院も例外ではなく、歯科治療で用いられる中でも最も細い33ゲージ(針先の太さはわずか0.2mm)という針も揃えています。できるだけ細い注射針で、痛覚を感じにくい部位に麻酔液を注入することによって、それだけ痛みを感じさせないまま麻酔を施すことが可能になっています。

患者様との信頼関係

診察 当院ではカウンセリングなどにも十分な時間をとっており、一人ひとりの患者様と、きちんとしたコミュニケーションをとるように心がけています。できるだけ痛みを感じないようにするためには、患者様の不安を取り除きながら信頼関係を築くことも欠かせません。説明もなくいきなり麻酔の注射をするなどというようなことはございません。
 「痛いのが苦手」という方は、事前におっしゃっていただければ、特にコミュニケーションなど配慮させていただきます。どうぞお気軽にお申し出てください。

 

リラックスできる環境

待合室 子どもの頃の歯医者っぽいイメージがトラウマになっているという方や、嫌がるお子さんを歯医者に連れ出すことに苦労しているという親御さんは、それだけ歯医者から足が遠のいてしまう傾向があります。エステサロンのような歯医者という“デンタルエステ”を掲げている当院は、患者様の恐怖心を和らげ、くつろぎながら治療を受けられるような雰囲気づくり・空間づくりを心がけています。清潔感がありながらもゆったりくつろげるような環境で、リラックスして治療を受けていただくことができます。

5倍速コントラ

コントラ 上記のような実際に痛みを軽減することのほかにも、そもそも恐怖感を感じさせないための治療というにも当院は配慮しています。従来の歯医者に響き渡る「キィ~ン」という歯を削る際の特有のタービンの音は、何歳になっても不快なものです。当院はこのようなタービンを使用せず、5倍速エンジンを用いることでこの音を最小限に抑えています。音が静かな上、回転が速く安定した切削が行えるといった、実際の治療上の利点もあります

当院のなるべく削らない治療

 削れば削るほどその歯の寿命は縮まってしまうことになります。歯科治療は可能な限り削る歯の量を減らして、自分の歯を保存することが重要です。何度も治療を繰り返せば、最終的には削る部分すらなくなっていってしまいます。歯科保存学の専門家として、当院ではなるべく削らない治療を実践しており、そのために以下のような取り組みも行なっています。

拡大鏡

治療 医師が治療部分をしっかりと見て、常に歯の状態を把握しながら施術することが、歯の削る量を最小限に抑えるためには必要です。肉眼で見える範囲には限界があります。拡大鏡を用いて、従来の肉眼による治療よりも数倍拡大された視野を確保し、より効率的で適切な治療を実施していきます。

 

5倍速コントラ

コントラ 通常のタービンよりも音が静かな5倍速コントラによる治療は、削る際のブレを抑制しやすく、削るべき部分だけをしっかりと適切に削ることができます。タービンによる歯医者特有の「キィーン」という音が苦手な患者様の恐怖心も和らげるといった利点があります。

経過観察の徹底

経過観察 一度治療をした詰め物や被せ物の隙間から始まる二次的なむし歯は、二次むし歯と呼ばれ、むし歯治療の約70%を占めるといわれています。
 そうして何度もむし歯の治療を繰り返していくと、削る部分が少なくなってしまい、最終的には歯を失うことに繋がます。歯の寿命を少しでも長く伸ばしていくために、当院では治療後の定期的な経過観察とメンテナンスをおすすめしています。
 むし歯はあくまでも予防に努めて、早期に発見・治療していくことが大切なのです。強く痛みを感じるようなむし歯となると、神経の治療が必要になり、歯を削って治療していかなければなりませんが、初期の段階のむし歯であれば、歯を削ることなく経過観察を続けていくということもあります。むし歯が重症化する前に、定期的に検診を受けていただき、むし歯の原因菌の活動を抑制するような生活習慣を身につけ、口内環境を整えていけるサポートをしてまいります。

当院のなるべく抜かない治療

 楽しい食事や瞬発的な力の発揮など、歯には全身の健康に関わる様々な大切な役割があります。そのためお口の中の健康を保てないと、心身の健康状態にも大きな悪影響を及ぼしてしまいます。 歯を失ってしまった際、インプラント治療なども有効ですが、主治医などによる長期的にメンテナンスを受けられる環境などが必要になってきてしまうこともあります。
 当院の治療は歯科保存学の専門家としての観点から、歯を抜かないということを一番の重点に置いています。 もし他の歯科医院さんで抜かなければいけないと診断された歯でも、ぜひ一度ご相談に来てください。根本的な治療をしっかりと丁寧にやっていくことで、自分の歯を残していくことができるかもしれません。
 セルフケアの行う必要がある上、そうした治療には多少の時間もかかってしまいます。しかし、少しでも長く自分の歯を残して、快適な口内環境を維持するためのチャレンジを、患者様自身のご協力を得ながら当院は行なってまいります。